ダイヤモンドは最強のパワーストーンです
その力に引き摺られないように 自分も強くならないと負けてしまいます
大きく威力のあるダイヤは 人を惑わし 持つ人を不幸にしたり 争いのもとになることも…
あまりにも有名な 青く妖しいブルー・ダイヤモンドをご存知の方も多いでしょう
ホープ・ブリュー 45.52ct
歴代の持ち主を死や死と変わらぬ不幸へと導いた「希望」という名のあのダイヤは
今はワシントンのスミソニアン博物館で 静かに眠っています

私のダイヤ達は ささやかな幸せの象徴です
ダイヤモンドが大好き それは女々しくないから
ダイヤはクィーンでも プリンセスでも レディでもなく キングなのです
雄々しく 力強く 逞しいダイヤモンドに惹かれます

やっぱり記念!使い込んで傷だらけなのも愛しい 仕上げ直しをしてもらえば綺麗になります
エンゲージリング&マリッジリング ダイヤモンド1.02ct マリッジはヴァンクリーフ&アーペル K18
 


右手によくつけるリング
出番多し!

センター0.87ct
ラウンド・バケット0.54ct 0.63ct
Total 2.04ct
私には珍しくプラチナ
Total 2.02ct
ピンキーリング(小指用)2点
スパイラルリングは
ジュエリーデザイナー・
ヒロタレイコさんのデザイン
企画会議でお会いしたこともあり

ペアシェイプ・ダイヤ 0.34ct
メレダイヤ0.08ct
菱形リングはセンターが
プリンセス・カット
Total 1.61ct


2005年のBirthdayに
自分で購入した揺れるピアス
0.50ct×2 メレダイヤ0.25ct×2 Total 1.50ct
テーパー・ダイヤが気に入って購入したG形ピアス
ちょっと重い…左右Total 2.01ct

一番古い付き合い もう私のカラダの一部のよう
0.55ct×2  左右Total 1.10ct



チェーンを外し
トップをパールネックレスに繋いでもらい
披露宴でお色直しのドレスに合わせました
Total 1.52ct
テーパー・ダイヤが入ってるので
上のG形ピアスと一緒につけます
Total 1.80ct
さり気なくつけられるので出番は多し
Total 1.00ct



テニスブレス Total 2.30ct

しなやかで手首に綺麗に沿います
作りの丁寧さと石の美しさに大満足
結婚前から毎日身につけています
テーパー・ダイヤのブレスレット
Total 0.50ct
これはあまり出番がありません 
いずれリフォーム予定


セイコー クレドール K18無垢 ダイヤ入り
平成3年1月から私のカラダの一部 腕にしっくり馴染んで これ以外はもう使えません
ベルトはクロコダイルにしたり リザードにしたり

8〜8.5ミリのパールネックレス
カメラが映りこむほど テリテリツヤツヤ
結婚前 夫からの初めてのプレゼント ミキモトのパールピアス
「使ってないじゃん!」と怒られる〜
ちょっとおとなし過ぎるので…いえ 気に入ってますよ!
ウェディングドレスに合わせた
玉径11ミリの南洋パールピアスと
お色直し用の揺れるタイプの
ダイヤ(0.42ct)×パール
結婚後に購入した
イエローの南洋パールのリング
(玉径12.5ミリ ダイヤ0.30ct)とペンダント
ペンダントはエクボがあります〜
地味なのでとちらもいずれリフォーム予定



2〜3万円台のリングを卒業して
最初に購入したルビーの一粒リング
大人の第一歩の気分でした
ルビー0.47ct ダイヤ0.30ct

後ろのルビーリングは
スカーフ留めに使っています
ダイヤ0.52ct ルビー0.49ct
ダイヤ(0.81ct)×ルビー(0.81ct)のブレスレット
たまにテニスブレスと重ねてつけますが
あまり出番はありません
ルビーのピアス
ルビー0.48ct&0.39ct ダイヤ0.25×2
あまりつけません 
実物のほうが綺麗な赤です



二つのリングを潰してリフォーム
ダイアナ妃のイメージ?

サファイア 1.18ct
取り巻きのダイヤ&アームのメレダイヤ
Total 1.05ct
実物のほうが綺麗なブルーです

ムーンストーン
2002年1月23日に亡くなった私の母の形見
地味な人で華美なものは苦手 光る石は身につけませんでした
オパールのリングも よく身につけていました

ダイヤのctに換算すると
ネックレスが39.00ct
リングが3.00ct
枠はK14
ダイヤモンドと同じ鉱石成分を人工的に結晶させたもの
気が遠くなるほどの長い時間をかけて結晶したダイヤとは
その意味も存在も別のものです

光のボリュームだけ欲しいときに身につけますが
ほとんど出番はありません
やはり物足りないのです
ボリュームの問題ではなく
バックグラウンドが見えてこないところが…
地球の歴史やスピリット パワー 何も感じられないからでしょう